ヒシ型バブル2

何を書こうか思案中。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

うずらベーコン

 
好きな食べ物は何?と聞かれると、回答に困ることがあった。前から特定の食べ物に執着というか、こだわることがなかった。少し前は「山菜おこわ」と答えていたのだが、友人との食事プランにおいてもしばらく考えないと、出ないということがある。特に食べたいものはないとは言わないけれど、何でも食べられる、と、優柔不断とは違う消極的な意思決定にきっと友人たちは困惑したことがあったのは一度ではないだろう。山菜おこわは、うーんを考えを巡らしてからひねり出した答えなのだ。

ある日のこと、出かけた先でタイミングが合わなくて昼食を取り損ねていた。お腹は空いていたけれど、例に漏れずさして食べたいものも浮かばず、せっかくの遠出なのに、食べなきゃ身体がもたんな、と、食べるのは身体のためであるという義務感がじわじわと覆う。結局はチェーンのコーヒーショップにてパンを一個のみ。当然、それで身体に十分にエネルギーが満ちるわけではないのだが、それでも空腹スイッチの点灯はぴたりと止まるのである。

その日は情報を入れすぎた日で、それを察知したかパン一個ではさすがに、と、空腹スイッチはしばらくすると再点灯。もう、帰宅の途に就いていたのだがバスに揺られながら何を食べようかぼんやり考えていた。そこで浮かんだのがうずらベーコン。うずらの白肌にベーコンのドレスを巻いた串に刺さった三兄弟。それが香ばしく焼けた少しカリッとした食感のベーコンにタレもいらないベーコンの塩味とうずらにうっすらと降られた塩味だけのシンプルなうずらベーコンをたくさん食べたいと思った。

バスを降り、車に乗り換える。自宅までの道のりで焼き鳥屋はいくつかあるのだが、一軒過ぎ、一軒過ぎとしている間に、もうどうでもいいような気がしていた。暗雲だ!注文をするのに人に会うというプロセスをしたがらない暗雲の発生にとうとう、最後の焼き鳥屋を過ぎてしまう。密度の高い暗雲にうずらベーコンは遠くに行ってしまった。確かに疲れていたのだが、うずらベーコンの魅力は暗雲を吹き飛ばす北風にならなかった。

結局は自宅でお茶漬けを食べる、ということに落ち着いた。やれやれ、エネルギー補給よりも、めんどうと思う気持ちが勝ってしまったな。エネルギー出納は負に傾いたけれど、うずらベーコン、またの機会に。
スポンサーサイト
 

誰もいない海

 
『昨日の夜観た映画に感化されて取る物も取り敢えずキーをまわした。まだ眠る街を通り抜けていくよ。海が見たい』

気持ちの整理ができないときは秦基博を聞きたくなる。生み出すリズムを聞いているうちに、歌詞にも注目するようになってからふいに聞きたくなる瞬間が多くなったように思う。それまではBGMのひとつだったものをどうして気に入ってしまったのかと考えると、あることに気づいた。そうか、植物を使うことが多いのだ。ポプラ、向日葵、最近で言えばすみれ。自然を比喩に使ったり、または情景の片隅にあるような使い方をする。どちらかといえば、後者の使い方が好きなのだが、効果的に使う自然をときに想像し、身をゆだね、停留する気持ちを流すような時間の使い方にすっかりはまってしまい、秦基博プレイリストを作ってしまうほどだ。

あることがあってどうにか気分を変えたくて、海が見たい、と言って同僚におススメの場所がないかを聞いた。その同僚はいろんなことを知っていて(特にお出かけ場所について)、穴場の場所を教えてくれた。翌日の休みにさっそくドライブに出かけることにする。最新状態のナビにも載らないような場所に少しの不安があったけれど、手入力で位置情報を入力。よし、準備できた。ミュージックプレイヤーを接続し、出発する。

ナビは最短のルートを示し、その通りに行ったのだが、くねくねと山道である。しかも離合がしにくいような狭さ。幸い、すれ違う車もなくてドライブは順調。ああ、ここにつながるのね、と新たな発見もありながら山を抜け、海沿いの道路に出る。目的地はすぐそこであることをナビは示す。

DSC_0059[1]ナビにはない道標を目で確認し、細い路地を進み、目的地に到着。少しの期待を抱え海岸の入り口に立ってみれば、なるほど、これは期待以上だった!と、少し疲れた体を伸ばしながら、気持ちが高まった。残念だったのは曇り空だったことだけれど、誰もいない海は何をしても自由なように感じて。DSC_0057[1]砂浜に足跡をつける、波打ち際で白波を眺める、岩場を歩き、右往左往するカニと駆け引きをしたりと本当に自由。途中、雨が降ったけれど濡れてもへっちゃら。自分の意志で雨に濡れたのって、何年振りだったかな。いいね、ここ。気の合う人と来ても一人でも。ああ、釣りもできそうだな。

帰りはナビのおすすめに頼らず海沿いの道を走る。信号の少ない道路で晴れていれば日没をずっと見ていられる海側に開けた道路で、晴れていればきっといいドライブコースに違いない。また一つ、ドライブコースができる。

抱えていた気分の重さをしばらくの一人海岸は根本的に解決することにはできないけれど、一人海岸の波音と雨音は翌日の活力源には十分だった。同僚には、雨が降ったけれどよかったよ、と伝えると、晴れた日が良いって言ったじゃない、と半ば飽きられたけど、報告をして笑い話をして、また日常に戻った。
 

ver.1.5

 
車内で携帯ミュージックプレイヤーを接続すると、再生できない曲があることに気づく。それはファイル形式の事情により再生できないとのことだったんだけど、Bluetooth接続・AUX接続ならば全曲再生可能、USB接続だと限定再生可能という状況になんだか妥協できず、この機会に!と思い、ミュージックプレイヤーのリストを再構築をすることにする。CDを見ながらこれはもう聞かない、これはまた聞いてみようかな、とか審査をする。昔好きだった曲も心と対話して○×△。審査に合格、うーん保留!だと転送開始。うーん、ちょっと趣味は変わったかな、そう自覚しながら、取り込みの時間は少し時間があるので、ネットの世界に飛び込む。

その作業をしながら、ある人の長年乗りまわした自転車を変えたという古い記事を読む。自転車を掃除して送りだしたという。並べられた言葉は瑞々しく、つい最近のことのようだ。その古くも新しい言葉にふと思い出す。そうだ、自分も送りだす前日に掃除をしたな。記事と記事の間のエントリーだ。新しく迎えたことは書いても、送りだしたことは書いていなかったな。

生活に密着という意味では非常に助けてくれた。雨の日、風の日、台風の日まで。車体が少し浮くような危険な思いをしたこともあったけれど、無事に送りだしてくれた車だ。それだけでなく、感情が抑えられないときの、少し荒い運転にも付き合ってくれた。そして手放す前日、感謝の思いを込めて掃除をした。掃除しても消せやしない細かい傷は守ってくれた証。

変わったもの、変わらないもの、変わってゆくもの、いろいろある。自分の立ち位置、スタンス、感性も変わっている。その変化に寄り添うように音楽も変わっていったようだ。審査の1つ1つは大雑把なもので精査、なんてものには程遠いものだけど、昔、カーオーディオから聞こえなかった「ニューミュージック」も今の感性に合わせて自然体で聞けばいいのだと思う。
 

浮気性と呼ばれて。

 
「まったく浮気性なんだから!」なんて言われたのは、先月だったか。言われた時は、心の中でごめんなさい、と反省いたしました。と、同時に浮ついた心を持つなんて毛頭もなかったことなんだけどね。なんて言い訳を心の中で思っていたのもまた事実です。そういえば、自己紹介で移り気のある男と書いていますね。

でも冒頭のその台詞の枕詞に「君の文章は」と、つくんですけどね。どうやら、私の文章は浮気をしがちなんだそうです、はい。

文章を書くことは難しい。なんて思い始めたのはずいぶん前ですが、的確な指摘(?)をいただいたのは、初めてだったように思います。一言で言えば、わかりづらい。

もういっそのこと、文章のエマニエル夫人や文章の失楽園、文章のマディソン群の橋を目指すべきなのかもしれませんが、残念ながら本題に関連付けられるような、官能的や情動的な表現を用いた文章をかける技量もありません。

話は戻りまして、どのあたりが浮気性かと言えば、「欲張っていろいろ詰め込みすぎて結局言いたいことがわからん」だそうで。あれやこれやと手を出す癖があり、本題を忘れるほどの寄り道が多くて、寄った先の草むらで迷子、なんてことがあるようです。うむ、「浮気性」とはよく言ったもんだ。

浮気性うんぬんかんぬんの前に、主語と述語の関係とか、品詞の正しい使い方など、国語表現はなんぞや、といった理論的なお話はバッと飛び越えてお話しているので、文章を作るうえで技術の欠落があることは重々自覚していますが、ブログを再開したし、今後は官能的な文章を…じゃなかった簡潔な文章を書くことを目指し、ブログを書いていきたいと思っております。
 

貼るタイプのマホウだよ

 
なんでも記録する時代なっているんだと思う。処方箋も「おくすり手帳」があるくらい記録についてこと細かい。先日病院に行ったときに「おくすり手帳はご存知ですか?」と聞かれたのだが、「おくすり手帳」が初耳だったもんで、そういうシステムがあることにちょっと驚いてしまった。発行は簡単だった。処方箋の紙を手帳に貼り付けて、はいどうぞ!という感じ。中を見ると病院で薬を処方される以外にも薬局で買える薬の情報も記録したほうがよいと書かれてある。別に義務化されていないようなので、必ず提示する必要ないのだが、パスポートよりも大きいので、いつも携帯できるのか不安である。携帯電話すら置き忘れることがあるので、なおさら不安である(忘れなければいいだけの話だけど)。

ここ最近はよい意味で医療関係の施設を利用した。懸案だった健康診断は去年の不安材料が改善されていて、全て良好!(ヤッター)。その浮かれ気分で後日献血することを即決して、献血に行って血を抜き、自己満足したのである。血を抜いたからといってどうにでもなるわけでもないのだけれど、自己満したのであるからお天気脳であることは否定しない。でも、改善された健康診断の結果は今まで行ってきたことに自信を与えてくれる。ああ、本当によかったデスヨ、ホホッ。

さてさて今年の健康目標は何にしよう?
 

腹が減っては戦はできませぬ

 
東京・丸の内にタニタ食堂ができたんだそうで。ウリは一食500kcal。

一食500kcalで健康をサポートする企業理念はすばらしいと思うのですが、働き盛り・動き盛りに500kcalは足りるのかと思うのであります。500kcalなんて7歳ぐらいの児童の一食のエネルギー量です。身体が違う大人にはちょっと…エネルギー不足で仕事の効率が落ちませんか?と心配です。栄養バランスはよくても腹が減っては戦はできませぬ。そもそも体重計のメーカーなので「体重落とす」が企業理念としてあるのでしょうが、やつれると痩せるが混在した状態では意味がないような?しかも千円近くもするとのことなので、余計なおせっかいでしょうが、お客の満足度と価格設定が合っているかが心配です。

割高な精進料理か病院食(タニタからすれば心外でしょうけど)と思えばいいのかもしれませんね。オフィス街にたたずむタニタ食堂。
 

2011

 
今年もあとわずか。充実したところもしていなかったところも目立った年でした。

金魚を飼って3年目の今年。丁寧なメンテナンスまでは手が回らなくて結果的に2匹を星にしてしまいました。金魚は基本的にタフで多少雑な管理でも生きるのですが、金魚は水の中で生きる生物。水が汚れれば弱っていきます。なので循環がない金魚鉢では長生きしないと言われています。逆に言うと循環機器があればある程度の雑な管理でも生きるということですが、その循環機器に甘える日が重なり、水換えも1週間から2週間間隔へ。また半年に1回はしなくてはいけない砂利の洗浄をさぼった結果、かなりの負荷をかけてしまったようでした。

冬になって大きなメンテナンスはしてはさらに負担になるのですが、弱っている症状が改善できないため思い切って砂利の洗浄をしたところ、症状は改善。エサも新しいものに換え、今に至ります。こんな簡単なことで他を星にしてしまったと、申し訳ない気持ちがあります。

金魚だけでなく、他にも掌の中にある生命を考える機会がいっぱいあり、今年はそれらをよくよく考える年でした。来年はできることできないことを明確にすることです。大人の一生懸命と疲労による限界突破は異なるものだと、いまさらになって感じています。物事を計画的に行っていくこと、これが来年の課題となるでしょう。
 

男の子は誰でも…にぎる

 
プレイステーション2が壊れました。買ってから8年。ソニータイマーとはなんぞや、と、考えさせられたAV機器でした。プレイステーションに言わせれば、8年目の故障ぐらい多めに見ろよ、というところでしょうか。

後半はあまり使用する機会もなく、また一時期はDVD再生機能が優れるDVDレコーダーでいろんなものを観ていたのですが、そのレコーダーが壊れてからは、DVDプレーヤーとしての活用が多くを占めてきました。晩年ではもっぱらDVDプレーヤーとして活用ばかりだったプレイステーションでしたが、とうとう私の手のなかで眠りにつきました。

手の中でというのは(おそらく)私がトドメをさしたからなんです。不具合が見つかってから、直せるかもと思って中をのぞいてみました。ハジメマシテ。いわゆる、解体と言うものです。でも、開けてびっくり。意外とフクザツでした。やめときなよ、と声にならないつぶやく声がありましたが、男の子だもん、やれることはやってみなければ!

と、決心したものの。その意外な複雑さに蓋を締めて見なかったことにしたくなる気持ちがじわりじわり。後退したくなる気持ちを抑え、引き締めます。下腹部をギュっと握り、やる気を起こすテストステロンが出るようお祈りしたあと(※1)、さっそくホコリを払うことを念頭に(この当時はホコリによる読み込みレンズの汚れが原因だと思っていた)中を本格的にメンテナンスを行いましたが冒頭通り。さようならを告げられました。

ありがとう、プレイステーション。

(※1…物的刺激によるテストステロン分泌効果は認められていません
 

テンネンモノ

 
「天然自然」と謳って物を売るのはビジネスなんだと思う。

論理の突き詰めも甘いただの感情論だけど、自然ビジネスは往々にして自然ではない場合が多いと思う。企業が天然由来だというある成分をぎゅっと濃縮して、かつ別の成分を足し、錠剤にしたものを天然といえるのか、自然といえるのか。それを切実な健康への願いを持つ人に売る、これはビジネス以外の何物でもない。

「効果は個人差があります」その言葉だけでお金をかけた使用者の失望を救うことができるのか。そうやって突き放すのだからビジネスだと思うのだ。
 

GWサンバ

 
大人になれば時間の速さが違うとは聞いていたけど、まさしく今がそう。今までそう感じなかったのか?と言われたら、エヘヘ、のんびり過ごしてたんで!と、はりきって言える。森から出ると忙しいわ。

ゴールデンウィークもあっという間だった。といっても充実のゴールデンウィークだったか?と振り返れば何もなし。成果はありません。セルフヒーリングに追われて…ねぇ。どこかに行けばよかった、城とか。でも too late!

夏も近づく八十八夜。期間に入る前は柏餅を作る予定だったけど、いつの間にかどこかへ柏餅ドリームは流れていきました。予定していたこともほとんどが流れて、ヒーリングの名の下に予定は気分の思うまま、流れるまま。ちまきは食べました。軽い衣替えもしました。ネギボウズの写真を撮りました。って、そんな感じで別に黄金週間にしなくてもよさそうなことを繰り返したセルフヒーリング週間。

よって、あの期間に訪れた施設なんて片手指で足りるほど。というわけで、今年の黄金週間は緑を眺める完全な引きこ森ガールでした。

茶葉。実は八十八夜以降に撮った写真   ボウズがいっぱい
森ガール … 森にいそうな格好をする人。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Twitter
 



メールフォーム

質問などはコチラへ


プロフィール

ヒシ

Author:ヒシ
花を追っかけて。食物を追っかけて。移り気のある男でございます。




 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。