ヒシ型バブル2

何を書こうか思案中。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

夕焼けポストカード

 
雨が降っている。今日は洗濯しようと思っていたのになぁ。

ここ最近、気持ちの不調和というか思い通りにいかないことが続いている。布団に包まってもう少し夢の世界へ戻る。しばしの夢の世界からからふと目覚めてみると...晴れていた!なんてことはなく。もう諦めろと言われているようだ。諦めてちょっと遅くなった朝食を用意する。トーストにスープの軽めでいいのだ。あんこがベースのジャム(?)を塗りながら、ちらりと時計を見て心と相談して予定を練る。うーん、変化が欲しいな!心を静めるためにも、気になっていた場所へ出かけることに。用意を済ませ、車に乗り込み、アクセルを踏む。

DSC_0046.jpg 絵画は詳しくなくて、作者がどんな人かも 知らないわけだけど、なんというか宣伝ポ スターに心魅かれたという単純な理由で美 術館へ。解説の経歴を読みながら並べられ た作品を見る。前にいた人には離され、後ろにいた人には抜かれ...そんなペースで見ながら直感的に好きな絵を探す。作者の経歴を読むとともに、自分の好きに訴えているか確認しながら展示を巡る。うん、花や植物と人物のモチーフ、きれいだ。

出口のグッズ販売では何枚かのポストカードを買う。そういえば部屋にあるポストカード入れはもう随分前から入れ替えていなかったなぁ。これと、これ、ああ、これもいいなぁ。これも余白が良い味だ。そんな選び方をして展示を出ると、なぜだか少し気持ちが晴れているように感じた。
DSC_0043.jpg
屋外の庭園に出る。いつの間にか雨が上がっていた。時計を見るとかなりの時間いたみたいだ。ふっと息を吐いて港を見れば夕焼けがあった。明日は晴れるらしい。
スポンサーサイト
 

ヲトメ、あふるる

 
何の変哲もないメモ書きにこう言われるのである。
「ヒシさんの文字は乙女チックですよね。」

何か意味を込めたメモでもなく、ましてやイラストを入れたわけでもないが、言った本人は直感的に何かを感じたからこそ、ごく自然に冒頭の言葉を言い放ったのである。笑顔で、無邪気に言った様に、僕は内心焦り、「今度からミミズが這ったような字を書きますね」と、とっさに返した。だが、その後、ミミズが這ったような文字とはどんなものかを考えることになり、少しミミズ文字を練習したものの、書くスピードなど考えてあまりの効率の悪さに気付く。よって、今後もにじみ出るヲトメチックは隠さずに(隠せずに)、書き続けていくわけである。

文面から溢れるヲトメチックがあるとして手紙を書くときは、ごきげんように始まり、かしこで終わる書き方をしたほうが、総合美を考えると不自然さがないのである。しかし、「ごきげんよう。庭のひまわりがうだるような暑さが続いておりますが...(以下略)」などと書くと、当たり前だが見た目と符合せず、不自然すぎるヲトメとなるのである。いわば、笑点でおさげのカツラを被ったお師匠さん程度のヲトメ模様となり、失笑は必至。またなによりもヲトメのメッキはすぐに剥がさないと、自分が窒息してしまうのである。

*******

時節柄、お世話になった人へ手紙を書くつもりである。ヲトメチックは込めないつもりであるが、あふるるヲトメは伝わってしまうのだろうか。
 

春節分

 
              ゴージャス龍三匹

春節に行ってきました。二度目の正月です。といっても文化の違いを認識しているつもりなので、幕開けだ!という感じはしないのですが、毎年恒例となっている干支ランタンオブジェを撮影をするために行きました。

今年の干支は龍ですが、元から中華街は龍のオブジェは多いのでやはり龍が一番しっくりくるように思います。僕個人の主観ですけれど。

今年は春節期間に節分があり、いろいろと(他文化も含め)行事が詰まって風習・習慣を肌で感じているのですが、今年の節分は一味違いました。大豆の代わりにバターピーナッツで豆まきをしたのです。

いやいや、大豆がないのに「習慣だから!」と迫られても・・・。と、内心思って正義感と急に生まれた多様化習慣が折り合わないままだったのですが、結局撒きました。大豆需要があるんだから早めに買っておこうね。形式鬼は内にいる。などと、形式だけの豆まきに願いとグチとを複雑に織り交ぜながら、おもしろ節分を体験しました。

後で調べたのですが、節分に落花生を撒くところもあるのだとか。なので、バタピーを撒くことは多様な習慣からは外れていないのかもしれません。ですが考えてバタピーにしたわけではなく、感性でバタピーを選び、バタピーを撒くという乗り越えなくてもいい壁を越えてしまったので、来年撒くものはもう豆ではないかもしれません。

ちなみに「バタピーを歳の数食べる」は、遠慮させていただきました。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Twitter
 



メールフォーム

質問などはコチラへ


プロフィール

ヒシ

Author:ヒシ
花を追っかけて。食物を追っかけて。移り気のある男でございます。




 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。