ヒシ型バブル2

何を書こうか思案中。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

テンネンモノ

 
「天然自然」と謳って物を売るのはビジネスなんだと思う。

論理の突き詰めも甘いただの感情論だけど、自然ビジネスは往々にして自然ではない場合が多いと思う。企業が天然由来だというある成分をぎゅっと濃縮して、かつ別の成分を足し、錠剤にしたものを天然といえるのか、自然といえるのか。それを切実な健康への願いを持つ人に売る、これはビジネス以外の何物でもない。

「効果は個人差があります」その言葉だけでお金をかけた使用者の失望を救うことができるのか。そうやって突き放すのだからビジネスだと思うのだ。
スポンサーサイト
 

骨まで愛して

 
さんざん健康診断について書いているけど実は高血圧。といっても、正常高値血圧ですが診断の紙切れ一枚には正常値ではないことを知らせる数値が色つきで表示されています。ああ、アタマにブルーが焼きつく…。

こうなる前は最高が100未満などの低血圧ぶりを見せていたのに、いつのまにやら高血圧に。年月はこうも生体を変えるものなのですね。それが老化ともいうのかもしれませんが。

考えられる理由としてカルシウム不足、塩分摂取量多、運動不足(←出た!運動不足)、ストレス、白衣の天使にビビって動悸、検査時に目の前のヒトにトキメキ…などが考えられるけど、最後の二つはあり得ないとして、やはり生活習慣が深くかかわっていそう。

とまではわかっているんだけど。実は良く分からないのが現状でして。

この後に測った骨年齢は実年齢より低い値を示していて。そこから考えるに骨だけを見れば私は美人だったのです。骨だけになってイヤーンと思っても誇れるボディ、それが我が体。でも、そこに肉をつけて顔を復元することはおやめになって?と願うところです。って、話はそれましたが骨形成は正常に行われていることを考えると、カルシウム不足は違うのかも?運動もそれなりにできているのかも?なんて思いがちらほら。

じゃぁなにか?と残る答えは現代社会の大敵、ストレス。見えた着地点は結局そこか…。

その見えない大敵をどうするか、そこが重要課題ですがストレスを和らげるのはアイ。アイをいっぱいもらって骨までもナニまでも愛してもらうことが、血圧を低くする私の処方箋かもしれません。って、墜落と思うばかりの着地した答えはそんなん出ましたけど、たぶん合っていないと思います。なんだろうねー。
 

オトナの代謝

 
ダイエットの基本は適切な食事と運動。定期的な運動こそしていますが、質が問題です。このつまめるお肉をなんとかしたい。だけれども、瞬発系のスポーツは意外に痩せない。というのも、痩せる為には安静時心拍数の1.5倍から1.8倍に上げた心拍数を持続させることが必要で、それにより脂肪燃焼には効果があると言われているからなのです。

心拍数を上げれば確かに脂肪燃焼の準備はできるんだけど…しかし。心拍数を上げるだけなら興奮するだけで上がります。例えば、ワタクシが165cmぐらいでメガネがキュートなヒトとやや照明が暗い部屋で二人で楽しくお酒でも飲みながらのシャツのボタンを1つ1つ外し、おっととメガネが邪魔だね。ハニカミながらテーブルに置いて、そして…みたいな全身全霊をかけた妄想をするだけでも心拍数が上がりますが、妄想過剰で痩せたという妄想ダイエットなぞ聞いたことありませんし、性的興奮だけでは痩せない生理機能を持つヒトの身体なので、ちっとも腹のお肉は減らないのです。やはり、身体全身の興奮が必要なのです。

しかも、疲労困憊になるような運動ではなく、有酸素運動が必要とされているので、夜の営みが激しいほど疲れるだけで意外に痩せる効果はなく(筋トレにはなるかもしれません)。それでも妄想だけより脂肪燃焼はするでしょうが、それでも効率が悪いことがわかります。有酸素的な夜の営みをしていると自負できる方はぜひとも新しいダイエットとして発表してもらいたいところですが、やはりジョギングには敵わないところ。ダイエットしたけりゃジョギングは鉄則なのです。でも、ここまでわかっているのに有酸素運動はなるべく避けたいと思っているナマケモノがここに。

マジメにオトナの世界にある身近な運動からオトナの代謝を考えましたが、興奮は効率よく活用して脂肪燃焼につなげたいものですね。って、自分に言いきかせてるんですけどネ。
 

ビバ・カロリー

 
健康診断。数日前からの対策とかしないので(ただの危機管理不足)、どーんとありのままを健康診断で反映してもらっているわけですが、それでも黄色信号の値には多少のダメージはあるもの。うむむ、さてどうするか。1に運動、2に食事。揺るがない基本はわかっているけれどジョギングは嫌い(!)。いやあのその…モゴモゴ。2の食事をメインに考えてみるのです。

実行の前に基礎代謝量を計算。表計算ソフトがある方はレッツトライ!
①体表面積(㎡)= 0.008883×体重(kg)^0.444×身長(cm)^0.663
②1日の基礎代謝量 = 基礎代謝基準値(kcal/㎡/時)×①×24時間
(基礎代謝基準値・男:18歳~ 37.8 30歳~ 36.1 50歳~ 36.2 70歳~ 32.6としています)

この基礎代謝量は何をしなくても必要な熱量なので、これは必要最低限摂取量。人間寝てばかりではないので、ここに補正した値をかけますが、ワタクシの場合、動くときと動かないの差が激しいので低く見積もります。座位ばかりと仮定して1.5倍したものが1日の代謝量となります。立ち仕事、外回り営業や外作業などが多い方は1.75倍します。この式で推定値だけど太る太らないの境界線がわかります。みなさんいかが?ちなみにワタクシは現在、2366kcalです。チキンタツタで言えば6個。

理論上からのムロフシさん(通常トレーニング時)を調べたら、4217kcalでした。スゴ。係数が違うとはいえ、カロリーも一般離れ。

このように過剰にカロリーを制限しなくても体重が減るわけですが、なにせズボラなもので。ジョギングは嫌いなの(2度目)。だから、食べる量を適正にしていくことがズボラには大変効果的。と考えて、日々を過ごしていますがさてさて来年の健康診断ではどうなることやら。でもやっぱり来年も焦ることなくどーんと健康診断を受けるでしょう。

もし黄色信号が再び点滅してしまったら、その時はどなたか涙ふくモメンのハンカチ―フかモメンドウフをください 
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Twitter
 



メールフォーム

質問などはコチラへ


プロフィール

ヒシ

Author:ヒシ
花を追っかけて。食物を追っかけて。移り気のある男でございます。




 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。