ヒシ型バブル2

何を書こうか思案中。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

夕焼けポストカード

 
雨が降っている。今日は洗濯しようと思っていたのになぁ。

ここ最近、気持ちの不調和というか思い通りにいかないことが続いている。布団に包まってもう少し夢の世界へ戻る。しばしの夢の世界からからふと目覚めてみると...晴れていた!なんてことはなく。もう諦めろと言われているようだ。諦めてちょっと遅くなった朝食を用意する。トーストにスープの軽めでいいのだ。あんこがベースのジャム(?)を塗りながら、ちらりと時計を見て心と相談して予定を練る。うーん、変化が欲しいな!心を静めるためにも、気になっていた場所へ出かけることに。用意を済ませ、車に乗り込み、アクセルを踏む。

DSC_0046.jpg 絵画は詳しくなくて、作者がどんな人かも 知らないわけだけど、なんというか宣伝ポ スターに心魅かれたという単純な理由で美 術館へ。解説の経歴を読みながら並べられ た作品を見る。前にいた人には離され、後ろにいた人には抜かれ...そんなペースで見ながら直感的に好きな絵を探す。作者の経歴を読むとともに、自分の好きに訴えているか確認しながら展示を巡る。うん、花や植物と人物のモチーフ、きれいだ。

出口のグッズ販売では何枚かのポストカードを買う。そういえば部屋にあるポストカード入れはもう随分前から入れ替えていなかったなぁ。これと、これ、ああ、これもいいなぁ。これも余白が良い味だ。そんな選び方をして展示を出ると、なぜだか少し気持ちが晴れているように感じた。
DSC_0043.jpg
屋外の庭園に出る。いつの間にか雨が上がっていた。時計を見るとかなりの時間いたみたいだ。ふっと息を吐いて港を見れば夕焼けがあった。明日は晴れるらしい。
スポンサーサイト
 

ver.1.5

 
車内で携帯ミュージックプレイヤーを接続すると、再生できない曲があることに気づく。それはファイル形式の事情により再生できないとのことだったんだけど、Bluetooth接続・AUX接続ならば全曲再生可能、USB接続だと限定再生可能という状況になんだか妥協できず、この機会に!と思い、ミュージックプレイヤーのリストを再構築をすることにする。CDを見ながらこれはもう聞かない、これはまた聞いてみようかな、とか審査をする。昔好きだった曲も心と対話して○×△。審査に合格、うーん保留!だと転送開始。うーん、ちょっと趣味は変わったかな、そう自覚しながら、取り込みの時間は少し時間があるので、ネットの世界に飛び込む。

その作業をしながら、ある人の長年乗りまわした自転車を変えたという古い記事を読む。自転車を掃除して送りだしたという。並べられた言葉は瑞々しく、つい最近のことのようだ。その古くも新しい言葉にふと思い出す。そうだ、自分も送りだす前日に掃除をしたな。記事と記事の間のエントリーだ。新しく迎えたことは書いても、送りだしたことは書いていなかったな。

生活に密着という意味では非常に助けてくれた。雨の日、風の日、台風の日まで。車体が少し浮くような危険な思いをしたこともあったけれど、無事に送りだしてくれた車だ。それだけでなく、感情が抑えられないときの、少し荒い運転にも付き合ってくれた。そして手放す前日、感謝の思いを込めて掃除をした。掃除しても消せやしない細かい傷は守ってくれた証。

変わったもの、変わらないもの、変わってゆくもの、いろいろある。自分の立ち位置、スタンス、感性も変わっている。その変化に寄り添うように音楽も変わっていったようだ。審査の1つ1つは大雑把なもので精査、なんてものには程遠いものだけど、昔、カーオーディオから聞こえなかった「ニューミュージック」も今の感性に合わせて自然体で聞けばいいのだと思う。
 

近未来感がくれる紅白リサイタル

 
セールスマンは言う。この車を購入するきっかけはなんですか?と。どういう選択肢があったかは詳しくは覚えていないのだけど、回答に悩んだことは覚えている。未来を感じるような車に乗りたかったんですよ、ただ、近未来感という選択肢はないですよね?

車を買うにあたって、何を重視していたかを聞きたいんだろうけど、デザインとインテリア?そうですねかっこいいですよね。安全性?そうですね必要です。運転しやすさ?そうですね前の車と比べると格段に良いです...と、こんな調子で肯定しかしない意地の悪い人みたいな状態だった。弁解するならば1回きりの短時間の試乗では、はっきりと意見を持てない、からなんだよ。どれも必要なんです、ええ。

乗り続けてみて、パブリックな場で書けないような超個人的な感想を書くと、音楽が聴けることである。セールスマンに言うとなんだそれは、と、言われそうなのだが、前の車ももちろんオーディオはあった。ただ、エンジン音に負けていたのである。エンジン音とオーディオで総じてうるさい車(改造とかはしていないんだけどね)。

今回はそれがない。あるとき、助手席に人を乗せた。ドライブミュージックを用意してくれたのだが、そのときに初めて音の広がりというか、空間を満たす音色を感じた。スピーカーから音符が出たような気がした。いや、それは本当に。彼のセンスは素晴らしく、ある一曲がそう思わせたのだ(狙ったとは思わないけど笑)。それに気づいてからはドライブに音楽は必須なのである。

さて、出かけますか、と出発準備をするときにミュージックプレイヤーは欠かせない。忘れてしまったときのショックは非常に大きくて落ち込むぐらいだ。音楽の感度は低くて、新しくプレーヤーに落とした曲がいつもあるわけではないのだけど、それでも車で音楽を聴く時間は大事なのだ。音楽に感情を静めてもらうのも、音楽で背中を押してもらうのも。
 

ビー・ア・ドライバー

 
車なんてどれも同じでしょ、乗れればいいんだよ。と、思っていたのはつい最近まで。実際のところ、移動に買い物にと、ただ生活に必要だったからである。その言葉通り、その当時乗っていた車の性能としてはそれはもう一般的なもので。ドライブを楽しむような車でもなく、高速道路の上り坂ではアクセルをべた踏みしないと登らないような車だから、自然と登坂車線へハンドルを切っていて。それでも、登坂車線に移動するような機会はそうそうないから、それで不満もなかった。しかし車検まで半年近くと迫り、10年目を迎えようかとしていた車に乗りながら、どうしようかな、と考えていた。

そんなぼんやりとした考えが一転したのはある日のCM。衝撃を受けた。このデザイン、好きかも!。買わなければいけないと思ったあたりから、不思議とアンテナの感度がぐっと上がったようで。こんな車に乗りたい、あんなことしたいと一目ぼれした車を基軸にして情報を集めた。しかし、超えるような車に出合えず。すぐに試乗して車検までの再考期間にした。

そうして夏も過ぎ、山肌の景色が変わる頃だ。思考を大きく乱す潮流の変化はなく(本当はちょっとあった)、改めて試乗と検討をした。結果的にもう一回り小さい車にしたのだが、それでも充分過ぎる性能で車に乗ることが楽しくなった。人を乗せたくもなった。

車を決めてからある事情あって旧モデル車、最近ブームを起こした軽自動車と一時的に乗ることになったのだが、乗り心地や加速、エンジンの静音が全く違う。愛着も生まれたようで、この車が生活の一部になっていることに満足しているのである。休日のお出かけが楽しくなるのはこの車のおかげである。
 

平日にも休日にも種を植える

 
仕事で疲れると複数ある休日のうち、1日は何もしないということは多くある。翌日はこれじゃいけないと自分を律して、目当てなく出かけたりするのだが、それは大体がノープラン。収穫なかったなぁ…なんて思う休日も少なくはなかった。

だが、その出かける前の休日は何もなくても大事なのだとある日気づいた。某有名人は嫌なことがあったときはどうするか?の質問に対して、外で誰かに話すとか発散するタイプの解消法ではなくて、その嫌な感情にとことん付き合う、という方法をとっているという。ああ、なるほどと感心し、自分の行動に合点がいった。無意識の付き合いがひと段落して、翌日に出かけるのだ。これに気付いたとき、自分ながらに何もしない休日の1日は無駄じゃなかったと思ったものだ。まあ、時間は無駄にしていたのだが。

その無駄な時間は多いけど、無駄じゃない日を「明日へつながる種を植える日」としよう。そうそう、平日にも少しずつ植えておけば、無駄な時間は少なくなってもっといい休日にできるはず。ブログもそう。種を蒔けるうちに蒔いておけば、記事を自分なりに成熟させることだってできるかもしれない。枯れることもあるだろうけど。気づいてしまえば、対策はとりやすいものだ。
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter
 



メールフォーム

質問などはコチラへ


プロフィール

ヒシ

Author:ヒシ
花を追っかけて。食物を追っかけて。移り気のある男でございます。




 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。