ヒシ型バブル2

何を書こうか思案中。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

うずらベーコン

 
好きな食べ物は何?と聞かれると、回答に困ることがあった。前から特定の食べ物に執着というか、こだわることがなかった。少し前は「山菜おこわ」と答えていたのだが、友人との食事プランにおいてもしばらく考えないと、出ないということがある。特に食べたいものはないとは言わないけれど、何でも食べられる、と、優柔不断とは違う消極的な意思決定にきっと友人たちは困惑したことがあったのは一度ではないだろう。山菜おこわは、うーんを考えを巡らしてからひねり出した答えなのだ。

ある日のこと、出かけた先でタイミングが合わなくて昼食を取り損ねていた。お腹は空いていたけれど、例に漏れずさして食べたいものも浮かばず、せっかくの遠出なのに、食べなきゃ身体がもたんな、と、食べるのは身体のためであるという義務感がじわじわと覆う。結局はチェーンのコーヒーショップにてパンを一個のみ。当然、それで身体に十分にエネルギーが満ちるわけではないのだが、それでも空腹スイッチの点灯はぴたりと止まるのである。

その日は情報を入れすぎた日で、それを察知したかパン一個ではさすがに、と、空腹スイッチはしばらくすると再点灯。もう、帰宅の途に就いていたのだがバスに揺られながら何を食べようかぼんやり考えていた。そこで浮かんだのがうずらベーコン。うずらの白肌にベーコンのドレスを巻いた串に刺さった三兄弟。それが香ばしく焼けた少しカリッとした食感のベーコンにタレもいらないベーコンの塩味とうずらにうっすらと降られた塩味だけのシンプルなうずらベーコンをたくさん食べたいと思った。

バスを降り、車に乗り換える。自宅までの道のりで焼き鳥屋はいくつかあるのだが、一軒過ぎ、一軒過ぎとしている間に、もうどうでもいいような気がしていた。暗雲だ!注文をするのに人に会うというプロセスをしたがらない暗雲の発生にとうとう、最後の焼き鳥屋を過ぎてしまう。密度の高い暗雲にうずらベーコンは遠くに行ってしまった。確かに疲れていたのだが、うずらベーコンの魅力は暗雲を吹き飛ばす北風にならなかった。

結局は自宅でお茶漬けを食べる、ということに落ち着いた。やれやれ、エネルギー補給よりも、めんどうと思う気持ちが勝ってしまったな。エネルギー出納は負に傾いたけれど、うずらベーコン、またの機会に。
スポンサーサイト
 

誰もいない海

 
『昨日の夜観た映画に感化されて取る物も取り敢えずキーをまわした。まだ眠る街を通り抜けていくよ。海が見たい』

気持ちの整理ができないときは秦基博を聞きたくなる。生み出すリズムを聞いているうちに、歌詞にも注目するようになってからふいに聞きたくなる瞬間が多くなったように思う。それまではBGMのひとつだったものをどうして気に入ってしまったのかと考えると、あることに気づいた。そうか、植物を使うことが多いのだ。ポプラ、向日葵、最近で言えばすみれ。自然を比喩に使ったり、または情景の片隅にあるような使い方をする。どちらかといえば、後者の使い方が好きなのだが、効果的に使う自然をときに想像し、身をゆだね、停留する気持ちを流すような時間の使い方にすっかりはまってしまい、秦基博プレイリストを作ってしまうほどだ。

あることがあってどうにか気分を変えたくて、海が見たい、と言って同僚におススメの場所がないかを聞いた。その同僚はいろんなことを知っていて(特にお出かけ場所について)、穴場の場所を教えてくれた。翌日の休みにさっそくドライブに出かけることにする。最新状態のナビにも載らないような場所に少しの不安があったけれど、手入力で位置情報を入力。よし、準備できた。ミュージックプレイヤーを接続し、出発する。

ナビは最短のルートを示し、その通りに行ったのだが、くねくねと山道である。しかも離合がしにくいような狭さ。幸い、すれ違う車もなくてドライブは順調。ああ、ここにつながるのね、と新たな発見もありながら山を抜け、海沿いの道路に出る。目的地はすぐそこであることをナビは示す。

DSC_0059[1]ナビにはない道標を目で確認し、細い路地を進み、目的地に到着。少しの期待を抱え海岸の入り口に立ってみれば、なるほど、これは期待以上だった!と、少し疲れた体を伸ばしながら、気持ちが高まった。残念だったのは曇り空だったことだけれど、誰もいない海は何をしても自由なように感じて。DSC_0057[1]砂浜に足跡をつける、波打ち際で白波を眺める、岩場を歩き、右往左往するカニと駆け引きをしたりと本当に自由。途中、雨が降ったけれど濡れてもへっちゃら。自分の意志で雨に濡れたのって、何年振りだったかな。いいね、ここ。気の合う人と来ても一人でも。ああ、釣りもできそうだな。

帰りはナビのおすすめに頼らず海沿いの道を走る。信号の少ない道路で晴れていれば日没をずっと見ていられる海側に開けた道路で、晴れていればきっといいドライブコースに違いない。また一つ、ドライブコースができる。

抱えていた気分の重さをしばらくの一人海岸は根本的に解決することにはできないけれど、一人海岸の波音と雨音は翌日の活力源には十分だった。同僚には、雨が降ったけれどよかったよ、と伝えると、晴れた日が良いって言ったじゃない、と半ば飽きられたけど、報告をして笑い話をして、また日常に戻った。
 

追憶の花たち

 
花菖蒲を見に行く移動中、「かきつばたあやめ」をふいに思い出した。かきつばた、あやめ、花菖蒲の似たり寄ったりの花たちを完璧に分別できる能力はないのだけれども、おおざっぱに太めのマッチョな花が咲くのが花菖蒲、シンプルなさっぱりとした花を咲かせるのがあやめと理解している。しばし「かきつばたあやめ」が何か考えを巡らせる。そうだった、かきつばたあやめは高笑いが特徴的な某人物のライバルだったな。主人公の名前もすごいけど、同じ花が並んだ名前もかなりのインパクトだよな。

花には少しだけ縁がある。今の職場は花とは無縁なのだけど、花の話をすれば意外!と言われるほど。肌艶の衰えが見える30を過ぎた男の口から「花を長持ちさせるコツ」が飛び出せば、関心と動揺が同居したような対応をされる。昔、花苗を植え、肥料をやり、花を咲かせるのをじっくりと待ち、見ごろに鋏を入れ、場合によっては花を長持ちをさせる処理をする。その営みに携わっていたことがあった。一朝一夕にはできない生命の営みを圧縮した思い出にできるのは、それほどに時間が経ってしまった証拠だけど、そのころの経験は生きていて、花を長持ちさせる助言ができるのは寄り道のおかげである。

DSC_00151 (1)その昔の寄り道で、忘れられない花があった。棚に管理された藤の花である。小さな藤棚だったが鮮やかな淡い青色が強烈に目を引いた。それからはいつかは藤棚を見に行きたい!と思っていたのだが、今年も見れなかったな、を繰り返していた。今年はドライブがてらに、藤の名所を訪れたのだが、花がついていたであろう花の軸が風で寂しく左右に揺れるばかり。花の命は短し、物悲し、である。代わりにポピーの群生を見たのだが、ポピーの咲き始めに藤は散るのである。また勉強になった。

DSC_0049.jpgポピーのしばらく後に出かけたのが花菖蒲であったのだが、こちらは少し時期が早く。これも計画の失敗。花咲きカレンダーを作ったらいいのかもしれない。まだ個々が咲いている時期でも、もう少しで肉厚の花弁は隣にぶつかり、群生となるのだろう。機会があればタイミングよく来ますよ、と、誓いを立てて、初夏の花巡りは終わり。
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Twitter
 



メールフォーム

質問などはコチラへ


プロフィール

ヒシ

Author:ヒシ
花を追っかけて。食物を追っかけて。移り気のある男でございます。




 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。