ヒシ型バブル2

何を書こうか思案中。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

浮気性と呼ばれて。

 
「まったく浮気性なんだから!」なんて言われたのは、先月だったか。言われた時は、心の中でごめんなさい、と反省いたしました。と、同時に浮ついた心を持つなんて毛頭もなかったことなんだけどね。なんて言い訳を心の中で思っていたのもまた事実です。そういえば、自己紹介で移り気のある男と書いていますね。

でも冒頭のその台詞の枕詞に「君の文章は」と、つくんですけどね。どうやら、私の文章は浮気をしがちなんだそうです、はい。

文章を書くことは難しい。なんて思い始めたのはずいぶん前ですが、的確な指摘(?)をいただいたのは、初めてだったように思います。一言で言えば、わかりづらい。

もういっそのこと、文章のエマニエル夫人や文章の失楽園、文章のマディソン群の橋を目指すべきなのかもしれませんが、残念ながら本題に関連付けられるような、官能的や情動的な表現を用いた文章をかける技量もありません。

話は戻りまして、どのあたりが浮気性かと言えば、「欲張っていろいろ詰め込みすぎて結局言いたいことがわからん」だそうで。あれやこれやと手を出す癖があり、本題を忘れるほどの寄り道が多くて、寄った先の草むらで迷子、なんてことがあるようです。うむ、「浮気性」とはよく言ったもんだ。

浮気性うんぬんかんぬんの前に、主語と述語の関係とか、品詞の正しい使い方など、国語表現はなんぞや、といった理論的なお話はバッと飛び越えてお話しているので、文章を作るうえで技術の欠落があることは重々自覚していますが、ブログを再開したし、今後は官能的な文章を…じゃなかった簡潔な文章を書くことを目指し、ブログを書いていきたいと思っております。
スポンサーサイト

Comment


    
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Twitter
 



メールフォーム

質問などはコチラへ


プロフィール

ヒシ

Author:ヒシ
花を追っかけて。食物を追っかけて。移り気のある男でございます。




 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。