ヒシ型バブル2

何を書こうか思案中。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

追憶の花たち

 
花菖蒲を見に行く移動中、「かきつばたあやめ」をふいに思い出した。かきつばた、あやめ、花菖蒲の似たり寄ったりの花たちを完璧に分別できる能力はないのだけれども、おおざっぱに太めのマッチョな花が咲くのが花菖蒲、シンプルなさっぱりとした花を咲かせるのがあやめと理解している。しばし「かきつばたあやめ」が何か考えを巡らせる。そうだった、かきつばたあやめは高笑いが特徴的な某人物のライバルだったな。主人公の名前もすごいけど、同じ花が並んだ名前もかなりのインパクトだよな。

花には少しだけ縁がある。今の職場は花とは無縁なのだけど、花の話をすれば意外!と言われるほど。肌艶の衰えが見える30を過ぎた男の口から「花を長持ちさせるコツ」が飛び出せば、関心と動揺が同居したような対応をされる。昔、花苗を植え、肥料をやり、花を咲かせるのをじっくりと待ち、見ごろに鋏を入れ、場合によっては花を長持ちをさせる処理をする。その営みに携わっていたことがあった。一朝一夕にはできない生命の営みを圧縮した思い出にできるのは、それほどに時間が経ってしまった証拠だけど、そのころの経験は生きていて、花を長持ちさせる助言ができるのは寄り道のおかげである。

DSC_00151 (1)その昔の寄り道で、忘れられない花があった。棚に管理された藤の花である。小さな藤棚だったが鮮やかな淡い青色が強烈に目を引いた。それからはいつかは藤棚を見に行きたい!と思っていたのだが、今年も見れなかったな、を繰り返していた。今年はドライブがてらに、藤の名所を訪れたのだが、花がついていたであろう花の軸が風で寂しく左右に揺れるばかり。花の命は短し、物悲し、である。代わりにポピーの群生を見たのだが、ポピーの咲き始めに藤は散るのである。また勉強になった。

DSC_0049.jpgポピーのしばらく後に出かけたのが花菖蒲であったのだが、こちらは少し時期が早く。これも計画の失敗。花咲きカレンダーを作ったらいいのかもしれない。まだ個々が咲いている時期でも、もう少しで肉厚の花弁は隣にぶつかり、群生となるのだろう。機会があればタイミングよく来ますよ、と、誓いを立てて、初夏の花巡りは終わり。

マッチョだとか人には伝わらない困った分類を帰宅後にgoogle大先生に問うと、大間違い!点数をもらうのだが、それが花紀行・初夏編の締めくくりのエピソード。
スポンサーサイト

Comment


    
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Twitter
 



メールフォーム

質問などはコチラへ


プロフィール

ヒシ

Author:ヒシ
花を追っかけて。食物を追っかけて。移り気のある男でございます。




 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。